MENU

お知らせ news

学術雑誌への論文掲載のご報告

 この度、当院の福友医学研究所、および愛知医科大学医学部分子標的医薬講座の共同研究【Cellular Anti-Inflammatory and Antioxidant Activities of Bamboo Sasa albomarginata Leaf Extract and Its Constituent Coumaric Acid Methyl Ester (クマザサ葉抽出物とその含有成分クマル酸メチルエステルの抗炎症および抗酸化活性)】の論文が、The Scientific World Journalに掲載されました。

【研究内容】

 クマザサ葉の熱水抽出物はサプリメントやスキンケアクリームに用いられており、マウスアトピーモデルを改善することが報告されている。今回、in vivo抗炎症活性の機構を調べるためにクマザサ抽出物および含有成分の培養細胞における抗炎症・抗酸化活性を調べた。その結果、クマザサ水抽出物および含有が確認されたクマル酸メチルエステルはLPSに誘導される炎症反応とROS産生を抑制し、細胞レベルで顕著な抗炎症活性および抗酸化活性を示した。

参考

その他研究室等の掲載報告ページです。

https://www.shf.or.jp/information/9381

https://www.ichinai-yamaguchi.jp/news/520

http://www.keio-colorectalsurgery.com/news/ronbun/20220728.html

掲載された論文のabstract(概要)を翻訳しました。

Cellular Anti-Inflammatory and Antioxidant Activities of Bamboo Sasa albomarginata Leaf Extract and Its Constituent Coumaric Acid Methyl Ester

Abstract

Background. Hot water extract of Sasa albomarginata (Kumazasa) leaves is commercially available and used as a dietary supplement or skincare cream. The extract possesses anti-inflammatory activity on the mouse atopic dermatitis model. To elucidate the mechanism of in vivo activity, we have studied the cellular anti-inflammatory and anti-oxidant activities of the extract and its constituents. Methods. Secretion of mouse and human IL-6 was measured by ELISA. ROS production was measured by a fluorescent reagent. Ultra high performance liquid chromatography (UHPLC)/MS was used for the ingredient analysis. Results. The Sasa albomarginata extract inhibited inflammatory mediators such as LPS-induced NO, IL-6 and ROS production in mouse monocyte leukemia RAW264.7 cells. It also inhibited iNOS, IL-6 and IL-1b expressions. Moreover, it inhibited LPS-induced IL-6 expression and production in human monocyte leukemia THP-1 cells differentiated into macrophages. The HPLC analysis of extract revealed the existence of coumaric acid, ferulic acid, and coumaric acid methyl ester. Coumaric acid methyl ester but not coumaric acid or ferulic acid inhibited LPS-induced NO, IL-6, and ROS production in RAW264.7 cells and IL-6 production in differentiated THP-1 cells. Conclusion. The hot water extract of Sasa albomarginata leaves and one of its constituents possess cellular anti-inflammatory and antioxidant activities.

クマザサ葉抽出物とその含有成分クマル酸メチルエステルの抗炎炎症および抗酸化活性

(翻訳)

背景:クマザサの葉の熱水抽出物は市販されており、サプリメントやスキンケアクリームとして使用されている。この抽出物は、マウスのアトピー性皮膚炎モデルに対して抗炎症活性を持つ。in vivo 活性の機構を調べるために、抽出物とその成分の培養細胞における細胞抗炎症および抗酸化活性を調べた。方法:マウスおよびヒト IL-6 の分泌は ELISA によって測定した。ROS 産生は、蛍光試薬によって測定した。成分分析には、超高速液体クロマトグラフィー(UHPLC)/MS を使用した。結果:クマザサ水抽出物はRAW264.7細胞においてLPSが誘導するNO、IL-6およびROS産生などの炎症メディエーターを阻害した。iNOS、IL-6、および IL-1βの発現も阻害した。さらに、マクロファージに分化したヒト単球性白血病THP-1細胞においてLPSが誘導IL-6発現および産生を阻害した。抽出物のHPLC分析は、クマル酸、フェルラ酸、およびクマル酸メチルエステルの存在を確認した。クマル酸メチルエステルは、RAW264.7 細胞においてLPSが誘導するNO、IL-6、およびROS産生を分化させたTHP-1細胞においてIL-6産生を阻害したが、クマル酸またはフェルラ酸は阻害しなかった。まとめ:ササの葉の熱水抽出物とその成分の1つは、細胞の抗炎症および抗酸化活性を示した。

一覧へ戻る